ニュースより
2018 / 10 / 09 ( Tue )
「また起きた・・認可外保育でうつぶせ寝の
乳児死亡 なぜルールが守られないか」


こんな見出しでニュースが紹介されていました。
内容では、6ケ月の子にミルクを飲ませげっぷを
させた後にあおむけに寝かせたのだが、寝返り
をしてうつぶせになり結果窒息で亡くなって
います。
確かに、あおむけに寝かせても、どうしても
うつぶせになる子もいます。
しかし、問題は、子どもの呼吸を定期的に確認
をすることが義務付けられているのですが今回
の場合は30分も放置してしまったようです。
つまり異変に気付くのが遅れてしまったのが
預かる側の大きな問題でしょう。
この放置してしまった理由は、いろいろあるかも
しれませんが命が途絶えたことの重さを考える
と責任は免れません。

とても痛ましい事故ですが、同じくお子様を
預かる施設として当園でも、このような事故を
教訓にして子ども達の安全を考えていきたいと
思います。
12 : 06 : 28 | 園長のぼちぼち日記 | page top↑
| ホーム |